何したいかわからないからとりあえず日本出てみた

29歳で仕事を辞めフィリピン留学を経てオーストラリアでワーホリ中です。

MENU

【中国語】ほぼ初心者が2ヶ月で試験を受けようと思えた3つの理由

f:id:chiakischallenge:20180827211550p:plain

 

こんばんは、絶賛中国語勉強中(漢字が続くと中国語みたい)の私です。

 

先日ブログに書いたように、2ヶ月後に中国語の試験HSKを受けることになりました。

 

ほぼ無謀とも思える挑戦ですが、

やってみようと思ったのには理由があります!

そこで、ほぼ初心者の私が旅行会話レベルといわれる3級を

まずは目指そうと思った理由をあげていきます。

(やってみたらレベル高くて焦るかもですが。)

 

必要な単語の量が多くない

3級までに必要な単語の数が600語。

4級を目指しても1200語といわれています。

ちなみに、英検3級に必要な単語がだいたい1300語前後。

何となく覚えられそうな気がします。

 

大学受験の勉強のときに100語、200語の単語テストを毎回受け、

全然覚えていなくてほぼ白紙で出してた気もするけど。。。笑

 

意味を類推できる単語も少なくない

中国語って漢字なんです。

日本人の私たちからしたらすごくおおきなアドバンテージ。

だって毎日漢字使ってますもの。

そして、英語や日本語に発音が近い言葉もあるんです。

 

*漢字が一緒で音も近い

衣服(いーふー)  服

医院(いーゆぇん) 病院

西瓜(すぃーぐぁー) スイカ

 

*漢字は違うけど音が近い

苹果(ぴんぐぉー) りんご

澳大利亚(おーたーりーあー) オーストラリア

 

ほら、なんとなくわかる気がしてきますよね。

 

外国語を習得した経験がある

正直習得したというレベルには至っていないですが、

一応英語を勉強して、今オーストラリアに住んでいます。

 

なので、

発音して音を覚えながら字をみて単語を覚えて

フレーズでよく使う表現がすぐ出てくるようにして

瞬間作文して反射的に言語が出るように・・・

 

みたいな勉強の仕方のステップを知っているわけです。

 

何もわからずに見知らぬ地においていかれているわけではなく、

前歩いた道を久しぶりに歩くような感覚。

何となく私でも出来そうな気がするのです。