何したいかわからないからとりあえず日本出てみた

29歳で仕事を辞めフィリピン留学を経てオーストラリアでワーホリ中です。

MENU

ファームのお仕事 グレープピッキング編

こちらで5つ目のファームジョブ。

ファーム移動が生きがいになっているchiakiです。

 

さてさて、今回はグレープピッキングについてご紹介します。

グレープはこんな感じでそれほど高くない木になっています。

ラダーを使わない木の仕事は初めてです!

 

仕事のGET仕方とシーズン

caravan parkからの紹介です。

2月頃スタート、通常は5月頭までシーズンが続くようですが

今年は天候不順で4月にはぶどうのとれる量が少なくなりました。

 

グレープピッキングのやり方

私がやっていたグレープピッキングは簡単で、剪定ばさみで茎を切って箱に詰めるだけ!

パッキングは別途シェッドでおこなわれていました。

red criff、mildura周辺にはたくさんのグレープファームがありますが、

ピッキングとパッキングが別れているのは珍しいようです。

  

トロリーを押して箱にぶどうをつめていきます。

箱ができたら木の根元のところに置いておけばボックスボーイが回収してくれるので、

とっても楽でした。

箱も自分のところまで持ってきてもらえるので、殿様かって思いました。笑

チェリーパンパンにつまった箱を持ってローの端まで移動してたのが懐かしい・・・。

 

 

こんな感じでぶどうをちょきちょきするだけです。

ポイントは、できるだけ大きな固まりになるように、茎の根元を切ること。

こんがらがっているときは解いてから切ります。

それにしても、写真用にテキトーに選んだせいで

このグレープ色づきが良くないですね。too much green!!って怒られるやつです。笑

 

グレープピッキングのいいところ

*涼しい

 

基本的に木の下での作業になるので、ずっと木陰にいられます。
さらにうちのファームは朝4時スタートだったので、12時くらいに仕事が終わってました。

一番暑い時間を過ごさなくていいのはありがたかったです。

 

f:id:chiakischallenge:20180324131427j:plain

ちなみに夜は全くぶどうが見えないので頭にこんなライトつけてやってました。

まるで探検隊!!

 

*体力勝負ではない・身体的有利不利がないので女性でも稼げる

 

木が低くてラダーの必要がなく、身長の影響を受けにくいこと、

力がいらない仕事であることから、コツをつかめば女性でも稼げる仕事です。

私は最終的にトップピッカーにまでなれましたよ!

 

このような仕事ではブルーベリーが有名ですが、私はグレープもかなりオススメです。

 

グレープの仕事はとても楽しかったので、セカンドでももう一度やりたいです。

チェリー終わってグレープに入るのがシーズン的につながりがいいし、稼げていいなーと思っています。

 ああーまたファームジョブしたい!!