ワーホリ

オーストラリアで銀行口座開設!一人で出来る手順と用語徹底解説

ワーホリや留学でオーストラリアに来てまずやりたいことの1つ。

銀行口座開設。

お給料の振込にも必要ですし、口座を持っているだけでメリットも多いんです。

 

でも銀行口座の開設を英語でするなんて難しそうですよね。

そんな不安を抱える方のために、一人で出来る口座開設の方法を徹底解説します!

エージェントにサポート費用を払う必要はありませんよ。

 

オーストラリアの銀行口座について理解しよう

まずは日本との違いも含めて理解しましょう!

オーストラリアで銀行口座をつくるメリット

銀行口座がないとお給料の振込ができないけど

私はしばらく働く予定がないからいいや。

 

と思っているあなた!

すぐに振込の予定がない方でも口座をつくるのがオススメです。

銀行口座を持っているとこんなメリットあるんですよ。

 

・金利がいいからお金が入ってくる

・eftposでキャッシュレスでお買い物が出来る

・友達への送金が簡単

 

金利がいい

最近オーストラリアの金利は下がり気味ですが、

日本に比べたらまだまだ金利がいいです。

定期預金なら利率2%超えています。

 

タンスにお金を寝かせるくらいなら、そのお金預けちゃいましょう。

私も現在金利だけで毎月10ドル以上ももらえていますよ。

 

Eftposが使える

オーストラリア全土に普及しているEftposはデビットカードの一種です。

支払いすると、その分だけすぐに銀行口座から引きおろしてくれるんです。

キャッシュレスの進んでいるオーストラリア。

これ、とても便利です。

クレジットカードと違ってその場で引き落とすので、

気づいたら使いすぎていた・・・という心配がないのです。

 

ちなみにEftposがあればスーパーマーケットのレジから

キャッシュを引き出すことも出来ます。

どこでもEftposが使えるので、もうこれなしの生活には戻れません!

友達への送金が簡単

みんなで食事にいって割り勘したいとき。

ピッタリの小銭をもっていなくてもたつくことありませんか?

 

オーストラリアの口座を持っていたら、

友達の口座にアプリで簡単に送金が出来るんです。

もちろん手数料なし。

 

家賃なども送金で支払いできるのでとてもらくちんです。

オーストラリアで銀行口座をつくるならどこがいいの?

オーストラリアには主要メガバンクが4つあります。

 

・ANZ(Australia and New Zealand Banking Group)

・WESTPAC(Westpac Banking Corporation)

・NAB(National Australia Bank)

・CBA(Commonwealth bank of Australia)

 

この4つの銀行ならばだいたいの都市にあり、ATMも多いので

困ることはないと思います。

 

そのなかでもオススメを紹介しますね。

 

口座維持費無料。ワーホリならNAB一択

ワーホリに私が薦めたいのはNAB。

メガバンクの中でこの銀行だけが口座維持費無料なんです。

 

他の銀行は$5程度の維持費が毎月かかります。

1年経ったら結構な金額になりますよね。

 

せっかく金利で稼いでも維持費で持ってかれたら意味がないので

維持費のかからないNABは本当にオススメです。

 

英語が不安な学生ならANZ

 

ANZのメリットは日本人に優しいこと。

 

日本人スタッフが

・ゴールドコースト支店

・シドニー支店

・ケアンズ支店

 

に常駐しています。

また、25歳以下の学生ならば口座維持費無料なので

英語が不安で、学生ならばオススメです。

オーストラリアの銀行口座に関する用語は?

いざ銀行口座を解説しにいく前に、よく使う用語は英語で知っておきましょう。

 

・bank account 銀行口座

・Classic account/ Saving account 普通口座

・amount 金額

・interest rate 金利

・ABN 日本で言う銀行コード、支店コード

・BSB 日本で言う口座番号

・PIN number 暗証番号

・deposit 最初に預け入れるお金。$10で大体OKです

・withdraw お金の引き出し

これでだいたいわかると思います。

オーストラリアで銀行口座を開設してみよう

オーストラリアの口座について知識をつけたところで、

いざ銀行口座を開きましょう。

ここでは具体的な手順を説明しますね!

持ち物と注意点

まずは口座を開きたい銀行にいきましょう。

営業時間はだいたい朝9時から16時までのところが多いです。

 

オーストラリア居住者ならばオンラインで口座開設することも出来るのですが、

ワーホリだと銀行に行かないと口座開設できません。

もちものは以下の通り。

・パスポート

・航空券の半券

・入国しているビザのナンバー

・携帯電話

・現住所

 

※注意点

銀行口座の開設は、入国から6週間以内におこないましょう。

それをすぎると本人証明の書類がパスポート以外にも必要になって

手続きが煩雑になります。

 

また、オーストラリアの入国時はスタンプが押されず、ICチップに記録されます。

そのため、入国日の証明をするために

航空券の半券を取っておきましょう。

銀行での手順

銀行についてからの手続きはこちらの通り。

 

May I open a bank account?

(銀行口座をひらきたいです)

 

というと住所などを書く書類を渡されます。

まずは提出するとこんなことを聞かれます。

 

which visa do you have?

(どのビザもってる?)

I have working holiday(student) Visa.

I arrived at 〇〇月〇〇日。

This is my flight ticket.

ワーホリ(学生)ビザ持ってるよ。〇月○日についた!これチケットね

 

あとで聞かれるので、最初に航空券見せると楽です。

すると、どの口座をつくりたいのか表を見せて聞いてくるので、

classic account (普通口座)をつくりたいと伝えましょう。

1つ口座を持っていれば、

オンラインで定期預金などの新しい口座を簡単につくれるので

まずは普通口座をつくってしまいましょう。

 

How much do you want to deposit?

(最初に預けるの何ドルにする?)

 

と聞かれるので、好きな額をお伝えすれば完了です。

銀行口座をつくってくれて、口座番号を書いた紙がもらえますよ。

口座開設からカードが届くまでは約一週間。

それでも届かなかったときは銀行に問い合わせましょう。

 

ちなみに私は銀行がカード発行を忘れていて、

尋ねるまでカードが届きませんでした。笑

 

オーストラリアで銀行口座をつくるのは、想像より簡単です。

特に大きな都市ならば、ワーホリ生が口座を開設しにくることにもなれていますので、

丁寧に対応してもらえますよ。

 

日本で事前開設したり、エージェントに依頼すると

決して安くない手数料を取られるので、

自力でチャレンジすることをおすすめします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です