オーストラリア

オーストラリア シェアハウスの効率的な探し方【2週間で強制退去】

2週間後に家なくなるから!

って急に言われたらみなさんどうしますか?

ここオーストラリアでホームレス。

 

そんなことが、実際に私の身に降り掛かったんです。

頭が真っ白になりますよね?

 

そんな状況を見事切り抜け、新しい家を探したので

同じ経験をするかもしれない皆様のために

効率的なシェアハウスの探し方を紹介しますよ!

 

 

ことの発端

ある日突然、

シェアハウスのオーナーからの突然の連絡。

 

ごめんやけど、この家危険なんや。

2週間以内に出てってー

衝撃です。

シェアハウス内に激震が走りました。

 

とりあえず今の家は住み続けられないので

急いで家を探さなければ行けなくなりました。

 

しかも私、仕事週6で入ってる!!

実質2日での家探し。笑

これもまた経験!

ってなわけで、今回実践した時間がなくても効率的に

シェアハウス探す方法教えます。

シェアハウスの効率的な探し方とは?

そんなわけで全く時間の余裕がない私。

スピード勝負をかけるために、いろんな方法でシェアハウスを探しました。

そのなかで、効率よくシェアハウスを探す方法がわかってきたので

共有しようと思います。

忙しい方のために、先に結論から。

シェアハウスの探し方オススメ

・flatmates.comが一番簡単に家が見つかった

・日本人ハウスがいいなら日豪プレス

私がシェアハウスを探した方法

私が試した方法は以下の4つ。

・友達の紹介

・日豪プレス(http://nichigopress.jp/)

・Flatmates.com(https://flatmates.com.au/)

・Facebookのコミュニティページ

 

幸いケアンズに住んで半年経つので、

友人や会社の先輩がそれなりにいたんです。

中にはシェアハウスを経営している人もいたので

すぐ見つかるかなーって思っていました。

 

甘い・・・

どの家も空いていませんでした。ちーん。

 

というわけで本格的にシェアハウス探しスタート。

 

シェアハウスの探し方 それぞれの特徴を教えるよ

そんなわけで4つの方法を結局試したので

特徴をまとめていきます。

 

友達の紹介

 

友人がすでにいっぱいいる人、語学学校に通っていてホームステイが終わる人にとって

一番手軽なのがこの方法だと思います。

インスペクションで嘘を言われたり、

契約時に金銭トラブルがあったりするというリスクもなし。

信用できる人の情報が一番安心です。

 

デメリットは、空きがあるかが運次第なこと。

私は友人やシェアハウス経営者10人ほどあたりましたが

空きがなく、諦めました。

向いている人:その都市の滞在がすでに長い人

メリット :情報が集まるのが早い、情報が正確

デメリット:空きがあるかが運次第

日豪プレス

オーストラリアに留学する人なら誰もが知っている日豪プレス。

なんといってもその特徴は日本語で募集があること。

 

ケアンズ来た当初、仕事に慣れずストレスがかかると思ったので

価値観の似ている日本人と暮らしたかった私。

そんな方には便利です。

また、日本がきれいすぎるため、日本人のお眼鏡にかなうキレイな家が多いです。

キレイさの割に値段が安めなのが特徴。

日本人が募集出していることがおおいので返信もマメ。

 

難点は、日本語なので英語サイトに比べてどうしても募集数が少ないのと

シェアハウスを多く持っている人が一番キレイな家の写真をのせ

その家は空いていないといって他の家に誘導する「おとり広告」が多いこと。

 

今回はほぼおとり広告だったのでほとんど連絡してないです。

(ケアンズ半年住んでいるのでおとり広告がどれかだいたいわかります)

一件だけ連絡しましたが、連絡した日の朝に入居者決まったそうです。

残念。

向いている人:日本人と住みたい人、英語が苦手な人

メリット:返信がマメな人が多い、キレイな割にレントが安め

デメリット:おとり広告が多い

flatmates.com

今回最も利用したのがこれです。

本当に便利!

オススメポイントがたくさんあるのですが、特にいいのが

 

・地図上で家を探せる

・プロフィール登録するとオーナーから連絡が来る

 

ところです。

私は仕事場から近いところで探していたので、

直感的に分かる地図はとても便利でした。

↑こんな感じで地図で探せます。

 

また、希望の予算や部屋タイプ、自己紹介を書いておくと

オーナーの方からも連絡が来ます。

空きがある部屋を知るためにも、このシステムは便利でした。

 

今回インスペした家はすべてこのflatmates.comです。

gumtreeより掲載件数が多く、場所もわかりやすいので

私は英語系のサイトならこれをお勧めします。

向いている人:急いで家探ししたい人、住みたいエリアが決まっている人

メリット:シェアハウス貸し主からのオファーが多い、地図で探せるのでわかりやすい

デメリット:英語が苦手だと連絡が難航する

 

facebookのコミュニティ検索

facebookをよく使う人にはこの方法もオススメ。

facebookの地域コミュニティの募集を確認する方法です。

たまに掘り出し物の求人がありますよ!

 

これが便利なのは、リプライの様子が確認できること。

リプライをみれば、何人DMを希望したか、いつリプライしたかがわかるので

ライバルの挙動がわかりやすいです。

 

また

オーナーのプロフィールを確認できるのもポイントです。

入居後のミスマッチを減らせます。

 

ただし残念なのが、掲載数が少ないこと。そして埋まるのが早い。

私がみたタイミングでは、新規の募集がなさそうだったので諦めました。

向いている人:facebookをよく使う人

メリット:他の人の応募状況がわかる。オーナーの人となりが見える。

デメリット:埋まるのが早い。掲載が少ない

というわけで短期家探しの結論!

シェアハウスの探し方オススメ

・flatmates.comが一番簡単に家が見つかった

・日本人ハウスがいいなら日豪プレス

シェアハウス探し!オーナーの返信率あげる方法

今回2週間以内での家探し(実質休みの日は2日)に挑戦しているわけですが、

今までに比べて非常にオーナーからのレスポンスが良いです。

今までの経験を生かして行動しているからだと思うので、

今回やっていることをシェアしますね。

とにかくはやく!まずは電話!

新しそうな情報を見つけたら、すぐ連絡。

出来るだけ電話がオススメです。

家を探しているライバルたちもきっとテキストで連絡しています。

 

時間があるときにオーナーは上から順番に確認して、時間指定して。。。

自分の希望の時間が取られちゃうかもしれません。

 

電話ならば、そのときにすぐ日程を決められるので早くインスペできます。

インスペしたオーナーにも、

「連絡早かったから優先順位1番にしとくね!」

なんて言われました。

 

テキストなら有利な情報を詰め込もう!

そうはいっても電話は苦手。もしくはオーナーがテキスト希望。

という場合もあると思います。

 

テキストならば、自己アピールすることが大切です。

ざっくりみたときに、条件のいい子だったら来てほしいと思って返信をくれるでしょう。

オーナーは家の空きを埋めたいのとトラブルを起こしたくない。

だから、下記のことを想像できる内容を書くのがオススメです。

 

・長期ステイの予定がある(学校の契約をしている、仕事の契約があるなど)

・お金がある(今仕事をしている、日本で社会人してたなど)

・今すぐ家に入れる(今バッパーで暮らしているなど)

・トラブルを起こさない(きれい好き、パーティーハウスは嫌だ、など)

私が書いていたのは、

 

・仕事をすでにしている(お金がある)

・仕事の契約があと6ヶ月ある(長期ステイできる)

・日本人である(きれい好きアピールになるかな?)

 

私は、今の家にギリギリまで住む気だったので

テキストにはそれは書かずにインスペで伝えました。

 

前回名前とインスペさせてくださいとだけメッセージしていたときに比べ、

かなりやり取りが早かったので上の条件に合うところをアピールするのオススメです。

 

インスペの連絡返信率をあげる方法まとめ

・インスペの予約は出来るだけ電話!

・テキストならばオーナーの喜ぶ情報を暗に示す!

 

おかげさまで本格的に家探しをして半日で

インスペ4件の予約をし、

翌日すべての家のインスペをできました。

 

一刻も早く家を決めたい方はこの方法試してみてくださいね!