ワーホリ

オーストラリアでワーホリをはじめる時期は冬〜春がオススメ

f:id:chiakischallenge:20180912222509p:plain

ケアンズは少しずつ蒸し暑くなってきました。

ジメジメ嫌いな私にはツラい季節・・・・

さて、今回は

「ワーホリをはじめたいけどいつ行こう?」

と考え始めた方向けに、

オーストラリアでワーホリをスタートするのに

オススメの時期について紹介しようと思います。

まずは一年間でやりたいことを考えよう

実は、やりたいことによってオススメのスタート時期は異なります。

旅行を計画するときのことをイメージしてみてください。

海ではしゃぎたい、温泉でのんびりしたい。

やりたいことによって、ベストシーズンは異なりますよね。

ワーホリもそれは一緒。

具体的には

・語学学校に通いたいか

・セカンドを取りたいか

によって、オススメのスタート時期が変わります。

ざっくり1年間でやってみたいことを考えてみてから

ワーホリの計画を立てていきましょう。

語学学校に長期で通うワーホリなら秋スタートがオススメ

まずは英語力をあげるために、語学学校に3ヶ月ほど通おうかなー

と考えている方には、オーストラリアの秋スタートをお勧めします。

理由は以下の通り。

相対的に生徒が少ない!国籍問わず仲良くなれます

私が入学したのは春(10月)頃だったのですが、

ちょうど生徒の数がどんどん増えてきた時期でした。

オーストラリアを留学先に選ぶ人は、

マリンスポーツが好きだったり、温かい気候が好きな人が多いので

短期留学なら夏にくる人が多いんです。

生徒が多いと一人一人をみる時間は減りますし、

どうしても同じ国籍で固まりがちになりました。

長期で学校に通っている友達が、

秋頃は人が少なくて、クラス全員が仲良かったんだけど

この人数だと難しいよね。。。と残念そうにいっていたのが印象的。

いろんな国の人と仲良くなりたい人は、

生徒の数が少ない秋〜冬を狙いましょう。

ちなみに、オーストラリアの秋は日本の春にあたり、

長期休暇がない時期なので、日本人の留学生もそこまで多くないようです。

そのため、日本人が多すぎる時期は嫌だと思っている人にも

秋はスタートにオススメの時期です。

セカンドがあとで欲しくなってもいい時期でスタートできる

あとでセカンドビザについての項目で説明しますが、

ファームには夏入るのがオススメです。

秋に語学学校に入学すると、最大4ヶ月通っても夏前には学校が終わります。

すると一番いい時期にファームを探せますし、

その頃には英語力も上がっているはずなので ローカル系の条件のいい求人を探せます。

条件のいいファームならしっかり稼げて貯金できるのでオススメです。

セカンドを取りたいワーホリ勢のおすすめスタート時期は春

学校は行かない、セカンドが欲しいから絶対にファームに行く!

と思っている人はオーストラリアの春にくることをオススメします。

私のように、フィリピン留学を挟んでくる人もこの時期がおすすめです。

条件のいい求人が多い季節は夏!余裕を持ってセカンドを取ろう

ファームは農作業。

作物が収穫できる時期に求人が増えてきます。

もちろん、枯れ木の処理や苗植えといった準備や後処理の仕事があるので

仕事自体は一年中あるのですが、

準備の仕事は少ない人数で出来るので経験者有利です。

なった実の収穫は、腐る前に早く取りきらなければいけないので

人手が必要⇨求人が増える!というわけです。

なので、仕事を探すのはオーストラリアの夏がおすすめです。

稼げると噂のチェリーの仕事もクリスマス前くらいからスタートします。

↓タスマニアチェリーやってみたレポートがこちら

www.chiakischallenge.com

求人が増えていると仕事が探しやすいだけでなく、

仕事を辞めやすいんです。

ウェイティングが長い、稼げない・・・。

悪徳ファームはもちろんですが、作物は天候に左右されるため、

ある日突然仕事がなくなったり、去年稼げていたファームが稼げないこともしばしば。

そこで、あれっ!?って思ったとき、

次の仕事が見つかれば簡単に仕事を辞められますよね。

また、ビザの残り日数がギリギリだとファームを変えにくくなったり

急に仕事がなくなったとき、セカンドの日数を貯められなくなるので、

私はオーストラリア滞在前半にファームに行くことをオススメしています。

実際、日数がギリギリで綱渡りしていたり

仕事を変えたいけど探す余裕がない人、結構いました。

精神的にツラいと思います。

そのため、生活に慣れたらすぐファームに向かえる春スタートがおすすめです。

ファームが終わったあとにビザを6ヶ月残すのがオススメ

余裕を持ってファームに行くのがいいのはわかった!

でもなぜ春なの?

と思う方もいると思います。

それは、ファーム後にビザを6ヶ月残すため。

ワーホリは一部地域を除き、最大6ヶ月しか同一雇用主の元で働けません。

雇用主はもちろん、出来るだけ長期で働いてくれる人を求めているので、

残りビザ1ヶ月でも雇ってくれる人は少ないです。

同じような人が2人面接に来たら、ビザの残りが長い方を選びます。

そのため、特にファーム後シティジョブをしたい人は

6ヶ月ビザが残るように行動するのがおすすめです。

ちなみにファームジョブを続ける場合は、

ビザの長さを気にするところは少ないです。

ファーム自体が季節労働なので。

また、セカンドビザに入ると雇用主の条件がリセットされるので、

どうしても働きたい職場がある人は

ファースト+セカンドで12ヶ月働けることを

アピールしたらいいかもしれません。

私はそれで今の職場に入っています。

それ以外のワーホリ勢は「求人が増える時期」を狙おう

学校もファームも考えていない人は、来たい時期に来る、でいいと思います。

一年使えるビザなので、気候にあわせて住む都市を変えていくのも良しです。

ただ、働くつもりのある方は

こちらでやりたい仕事と「その求人が増える時期」を狙うのがおすすめです。

たとえば、稼げる町の一つといわれているブルームは

雨期から乾期に変わる時期に急に求人が増えるといわれています。

そのため、3月中旬頃に人が押し寄せてくるようなので

そのタイミングに乗り遅れると仕事は埋まっているでしょう。

ケアンズのような観光の町の求人が増えるのは、

日本人が長期休暇をとれる時期の少し前。

その時期にトレーニングをすませて繁忙期を乗り越えるためです。

このように、求人の時期には波があるので、

やりたい仕事もしくは住みたい町の希望があれば

その求人時期に合わせてくれば良いと思います。

オーストラリアで所持金2桁までいったことがありますが、

なかなか絶望的な気分になるのでオススメしません。

ということで今回はワーホリを始めるおすすめの時期について紹介しました。

もっともワーホリに正解はないので、

自分が納得できる一年になればOKだと思います!

ただ、出発時期を悩んでいる方は、調整してみるといいかもしれませんね。

私は何も知らずに10月下旬に来て今10ヶ月半経過しましたが、

結果的にいい時期に渡豪できていたので満足しています。